相続登記.net

相続不動産を調べる方法

相続不動産を調べる方法

亡くなった方が所有していた不動産を相続人がすべて把握できていればいいんですが、そうでないケースも多いのが現状です。ここでは、相続不動産を調べる方法を紹介します。

遺品より権利証や納税通知書を見つける

亡くなった方の遺品を整理する際に家や土地の権利証が出てくれば不動産を所有している可能性が高いですし、その記載より不動産を特定できます。また、権利証が出てこなくても役所から送られてくる固定資産税の納税通知書(振込用紙と一緒になっているもの)が見つかればそこに不動産の所在が書いてあるのでわかります。

名寄帳を閲覧する

不動産の権利証や納税通知書や明細表が見つからないときでも、不動産があると思われる管轄の市役所や市税事務所において名寄せ帳を閲覧することにより、その管轄にある所有不動産を知ることができます。

道路部分も忘れず相続登記する

相続登記手続きというとどうしても家と土地だけと考えがちですが、忘れがちなのが道路部分。公衆用道路として使用されていても実際には個人の所有であることも少なくないので固定資産税が非課税であっても、忘れずにきちんと相続登記してください。

相続登記 お役立ち情報

お問い合わせ

相続登記・相続放棄についてのご相談を無料で承っております。お気軽にご相談ください。

06-4256-7595

代表者プロフィール

司法書士・行政士

前川 郁子

常にご依頼者の望むことを第一に考え
業務を勤めてまいります

このページのTOPへ